初めての英会話
 
TOP
初めての海外旅行
娘の初の海外旅行
オーストラリア
ハワイ
韓国
タイ

 
TOP

   
   

皆さんは、初めての英会話の言葉を覚えていらっしゃいますか?
ほとんどの方は、記憶に無いと思いますが、私は、なぜか覚えています。

幼稚園のころです。
小学校の近くに教会があり、外人の方が住んでおりました。
その方が、いつも声をかけて下さいました。
「ハロー」という言葉でした。
一番身近な英会話は、あいさつですね。
中学校で習う英語でも、挨拶を最初に習います。

現在では、小学校から英語を習い始めますから、知らず知らずのうちに英会話が身に付きます。
私の友人でも、初めての言葉はやはり挨拶が多いですね。
小さな子供たちは、照れる気持ちもないので、上達も早いです。
臆することなく外人さんと話ができることは、子供の特技?かな。

この子供たちが少し大きくなった頃、海外旅行に行くチャンスがあれば、すばらしい結果を残すことができるはずです。

我々大人も、海外旅行など英会話するチャンスがあれば、大いに活用したらいいですね。
初めての言葉が私のように、「ハロー」ではなく、長文で英会話ができれば最高ですが・・・・・・。
近頃ではどこの町でも外国の方を見かけますので積極的に話かけて、英語力を向上させると良いですね。

英語塾も教室での講義だけではなく、外にでての授業も多いに勉強になります。

私は、読書が好きですが、どうも母から聞くところによると、
小さい頃から、母がよく図書館に連れて行ってくれて、
本を毎回たくさん借りて家で読んでもらっていたようです。
ねずみのメイシーちゃんのシリーズ本はお気に入りだったようです。

作者はアメリカ人のルーシー・カズンズという人で、翻訳は五味太郎さんです。
この翻訳の五味太郎さんの名前はインパクトが強かったので、すぐに覚えてしまいました。
別の本を読んだ時に作者が、この方だったので、翻訳者だけでなく本当は絵本作家なんだと知りました。
私の子供が生まれたときに、たくさん本を読んであげたんですが、
ねずみのメイシーちゃんの翻訳者の五味太郎さんの名前を発見したんです。

その本の題名は、「みんなうんち」です。(笑)

この本は、子供がまだ一歳になった頃、片言をどんどん覚えて、「うんち」を「んち」といえるようになった頃、
この本が、気に入ってしまって、どこか出かける時に必ず持ってましたね。
内容は、いろんな動物達がウンチをしたところがイラストで、のっていました。
文字はそんなに載っていないんですが、最後に「みんなうんち」と書いてあって、
動物はみんなウンチをするんだよって事を伝えていました。

この絵本、英語に翻訳したものもあるんでしょうか。
翻訳すると英語でどんな文章になるんでしょうね。




日本の独特のお菓子ってあずきをよく使います。水ようかんの作り方がネットでのっていたので、見て作ってみました。材料は、寒天、砂糖、こしあんです。これをどうやって作っていくかというと、寒天を水で溶かして、分量の水でとかして、、中火にかけて沸騰したら、弱火にして溶かしきります。弱火にしたままで、砂糖を加えて溶かします。最後にあずきのあんを少しづつ入れて、木べらで混ぜながら、2分ぐらい弱火で煮て、火から降ろします。とろみが付いた状態で型に流しいれて、冷蔵庫で大体1時間くらい冷やすと食べられる状態になります。型ですが、プリンのような丸い容器が一般的ですが、子供達は、動物や何かの型を使って作るととっても喜んでくれるので、そういう型がある家庭なら、ぜひ使ってみてください。つるんとしてさっぱりした甘さの水ようかんは、お代わりしたくなっちゃいますよ。水ようかんの専門店の久保田製菓のプロの味は出せませんが、家庭でお母さんの手作りおやつとして出すなら子供達はとっても喜んでくれること間違いなしです。寒天をゼラチンでやってもいいんじゃないかって思うかもしれませんが、失敗しますから、やめておいてくださいね。こしあんで作るか、粒あんで作るかでも食感が全然違いますから、両方作って見るといいですよ。

友達は私の事を羨ましいといいます。しかし私は友達の事を羨ましいと思っています。なぜならば友達は結婚をしていてかっこいい旦那さんと凄くかわいい元気な子供に恵まれているから。最近は一軒家も建てたみたいで本当に夢のような展開で羨ましいなあと思います。今度鍋パーティをするからこないかと誘われているので引っ越し祝いと鍋にいれる具を買っていこうと思っています。越前ガニでもいいかな〜?そんな幸せ一杯の家族の中に1人独身者がまじるのって気が引けるんですがそこの夫婦2人とも知り合いですし何より赤ちゃんがとてもかわいいので会いたくて仕方がないです。しかしあんまり頻繁に会いに行くと親にあんたはどうなってんのと言われてしまうので親には会いに行っていることを隠したりする時もあります。全く大きなお世話だな〜と思うのですが最近ではこの歳にもなって親を心配させてしまうなんてどうしようもないなあと思って自己嫌悪に陥っています。仕事もようやく安定期に入ってそこまで大変なアクシデントもここ数年ありませんし、友達もいるし休日はプライベートを満喫できるるしとワクワクしているのですがそういった所で落ち込むことも多々あります。やはり周りがドンドンお一人様を卒業して言っているので一人と言ういつまで続くのかという不安は全然消えないですね。それなのに友達には楽しそうでいいなと言われてしまいます。段々私の気持ちを心の底から理解してくれる友人もいなくなっていくのでしょうか。それがとても寂しいです。

時の流れと言うのは本当に早いもので、ついこの間まで高校生だったのが今はもうとっくに成人をしてもうすぐ結婚適齢期になろうとしています。高校にあがった時は「私ちゃんは一番早く結婚しそうだね」なんて周りから言われてどこかで余裕があったんでしょう。未だに私は目ぼしい彼を見つける事もなく一人暮らしを続けています。彼が全く出来なかった訳ではありません。結婚式場 名古屋を一緒に見るまでの関係になった相手もいました。いつでも出会いなんて求めようと思えば求められるし、そうしていつか運命の相手があちらから寄ってきてくれると信じていました。しかし学生生活が終わると途端に肌は荒れるし出会いはうまくいかない、年下の若いぴちぴちの子に嫉妬してしまう自分がいます。接客業をしているのですが気付けばスタッフは自分よりも歳の若い子達で溢れていました。私が先輩スタッフになっていたのです。接客業と言うのはなかなか残酷なもので若い子はお客さんからよく声がかかるのです。ある時なんてかわいいからジュースおごってあげるなどの差し入れをもらったりなんかして。私だって昔は・・なんてどこかのトレンディドラマにでも出てきそうな年老いたおばさんのような感情が湧き出た時は、ああ私は接客に向いてないのかしらと思うほどでした。もっと年下の子から好かれそうな可愛い先輩でいたいというのに。幸い心の声までは届いていないのでその感情は自分の中でしっかりと締まって鍵をかけておこうと思いました。

毎日似たような献立でそろそろ定番からはずれた変わったものを作ろうと思うのですが、いざレシピ本などを見ているとどれでも手のこんだモノが多く、結局簡単な煮込み料理か炒め物になってしまうのです・・。毎日違う献立を作れる奥様方には本当に尊敬をします。ふっくら炊き立ての米通販のお米がある時はお米のおかずになる和食をメインにしたいし、たまには炒飯もしくはオムライスなんかもつくりたいし、一週間分のメニューを考えるにしてもご飯があるかないかでメニューも変わってきますしね〜。難しいものです。スーパーの買出しに行き、たまたま今日はこれが安いからこれを買うという方法をしていると毎日その時の気分で献立が変わるんですよね。それはそれで間違っていないんですが、作った事がないものは所要時間がわかりませんし、味も保障ができなくて心配になる時もあります。それでもうちの家族はみんな美味しそうに食べてくれるのが唯一の救いでしょうか。おばあちゃんなんて折角美味しい料理を作ってもおじいちゃんに美味しいなんて絶対に言われなかったから自分で言うようにしているらしいです(笑)あー美味しかった!と最後に付け加えて大満足しているらしいです。そうやって自分が言うと相乗効果なのかおじいちゃんも、うん美味しかったと言ってくれるようになったそうです。

お見合いパーティーというと結婚のことも頭に入れて真剣に参加しなければいけないようなイメージがありますが、実際はもっと気軽に参加することができます。特にお見合いパーティーとなっている会場は有名ホテルやおしゃれなレストランといった、一人ではなかなか行けないところが会場になっているので、食事や場所も楽しみたいといった感じで参加している人も多くいます。お一人様だといかないようなところも気軽に入り込めるのがお見合いパーティーのいいところでしょう。どうしてもお見合いパーティーだと思うと緊張して堅くなってしまって本来の自分のいいところをアピールできなかったり気にいってる人が居るのにお話が全くできなかったりということがあります。名古屋は結婚に関心がある人も多いので、お見合いパーティーに参加するのが趣味のようになっているという人も数多くいます。お見合いパーティー 名古屋も参加者同士で話が盛り上がらなかったり、緊張している人ばかりだとつまらなくなってしまいますが、趣味のようにたくさん参加している人が多ければ、場の空気を読み取って自然に参加できている人も多いですし、重い空気にもならないでしょう。お見合いパーティーといっても、あまりそれを意識せずに遊び感覚で気軽に参加してみてはどうでしょう。きっとその方が自分のいい所などを上手くアピールできる事ができると思います。お見合いパーティーはマナーとルールを守りながら、まずは楽しむことを優先にして参加してみるといいでしょう。気に入った人に自分をアピールすることができれば、次のパーティーにも自然と参加しやすくなります。

先月、息子が静岡の観光旅行に連れてってくれました。私が富士山を見たいと言ったので富士山がよく見える所で車を停めてくれて思う存分見ました。天気も晴天で富士山も凄く綺麗に見えて最高の眺めでした。イチゴ狩りにも行きました。いろいろな種類のイチゴがあって大きさもいろいろでとても甘くて美味しかったです。待ちに待っていた旅行なので、とても楽しかったし大満足です。息子の運転は乱暴で少し恐かったのですが…。親としては心配になるので日頃からもっと安全運転してほしですね。
6月7月はさくらんぼ狩りのシーズンですね。さくらんぼ狩りにも行ってみたいですね。行くなら山形県に行ってみたいです。山形は温泉王国で温泉がたくさんあるので温泉にも行ってみたいですね。山菜も美味しそうですよね。いつも主人が山菜を採ってきてくれるので料理するのですけど山菜は大好きなんです。山形は長旅になるので息子に相談しないと連れてってもらえるかわからないですけど、とりあえずおねだりしてみます。家族旅行中の悲しい交通事故とかニュースでよくやっていますが、せっかくの楽しい旅行が悲しい思い出にならないように安全運転に心がけましょう。

綺麗な歯並びにするために差し歯にしたりすることは、まずないのです。一般的に行われるのは矯正装置を使って歯並びと噛み合わせを長い時間をかけて治していく方法です。歯並びが悪いと、いろいろな症状を引き起こします。食べ物が上手く噛めないなど問題が起こってきます。食べ物を上手く噛めないと消化器系に負担がかかるようになったりして身体のほかの部分にも異常を起こしかねません。運動したり何か物を持ったりする時には歯に何キロもの力がかかるといいます。歯並びが悪いと運動機能にも障害を起こしかねないのです。そういった事から歯並びというのは見かけだけじゃなく健康を考えるうえでもとても大切なことなのです。このような悩みを解決するには、やっぱり矯正歯科 福井では矯正に対する悩み相談が増えているといいます。矯正というのは保険が適用されるものから別途料金が発生する場合など。さまざまな場合があり治療費も高額料金になりかねませんので治療前にしっかり調べておく必要があります。小さいお子様の居る方などはお子様の歯並びに特に気をつけておく必要があるのではないでしょうか。

ルイヴィトンのバッグや財布は、人気ですよね。彼氏にプレゼントにもらったことがある女性や、海外旅行のお土産としてもらったことがある人も多いでしょう。こうしてプレゼントやお土産としてルイヴィトンをもらうと、基本的には嬉しいですよね。手渡されて箱に描かれているロゴが見えたときには、嬉しさは最高潮に達します。それで、箱を開けて欲しかったアイテムや気に入ったデザインなら、一生大切にしたいぐらい大事に使いますよね。だけど、箱を開けて出てきたアイテムが自分の趣味じゃなかったら、ガッカリ度はマックスです。最高潮だった嬉しさからの落差が激しくて、プレゼントをもらったのに、微妙な空気になることは間違いありません。でも、趣味に合わないアイテムだからといって、相手に突き返すこともできませんよね。一生懸命選んでくれた相手のことを考えると、自宅に持って帰ることになります。ですが、自宅に持って帰って見える場所にルイヴィトンのアイテムが置いてあったら、あのガッカリした気持ちを思い出してしまい、タンスやクローゼットに押し込んでしまうことでしょう。目立たないところに置いておきたくなる気持ちは、痛いほど理解できますね。でも、ルイヴィトンのアイテムを見たくないからといって、タンスやクローゼットに押し込んでおくのは勿体ないです。見たくもなくて使わないなら、買取りをしてもらいましょう。リサイクルショップなら、ルイヴィトン 買取しているので、思わぬ臨時収入が手に入ります。手に入れた臨時収入を使って、欲しかったアイテムを買うのも良いでしょう。リサイクルショップで販売されているアイテムなら、価格も安いので買取りしてもらったお金で買うこともできますよ。また、リサイクルショップよりも高額で買取りしてもらいたいなら、ブランド品の買取専門店ですね。専門店はプロが査定をしているので、リサイクルショップよりも高額になりやすいです。プレゼントやお土産としてでもらったモノを買取りしてもらうのは、ちょっと心苦しいです。でも、使ってこそのルイヴィトンなのですから、見知らぬ誰かに有効利用していると思って、心苦しい気持ちを正当化しましょう。

不動産を売ったり買ったり、また相続したりという場合には、不動産登記をする必要があります。特に売買をした際には、速やかに登記をしておかなければ、他の買主が現れたりして二重売買の形になった時などに自分の権利を守れないこともあります。そのようなリスクをできるだけ減らすためにも、売買などがあるたびに不動産登記手続きをしておきましょう。しかし、不動産登記は用意する書面も多いうえに、何が必要なのかを判断するのは普通の人には非常に難しいです。もちろん自分で申請することも可能なのですが、そのような細かい事項を調べる手間や費用を考えれば、司法書士 宮城に依頼したほうが確実で早く登記を済ませることができます。司法書士にかかわってもらうことで、金銭の受け渡しと同時に登記を申請するということも可能になるので、より確実に権利を守ることができるようになります。司法書士は基本的にどこに依頼してもよいですが、やはり宮城なら地元宮城の司法書士に依頼したほうが、より安くスピーディに手続きが進みます。地域の特性を理解してもらえていたほうが何かと便利ですし、地元で営業しているということで信頼感も増します。ぜひ地元宮城の司法書士に相談してみましょう。


Copyright(C) レッツ!英会話!